【ブログ必須】プライバシーポリシー&免責事項の書き方【サンプル有り】

悩んでいる人
ブログでもプライバシーポリシーや免責事項を書かないといけないの?

 

結論、ブログにもプライバシーポリシーや免責事項は”必須”です。

ブログではGoogleアナリティクスなどの利用で個人情報を取り扱いますし、仮に読者に損害が発生したとき「あなたのせい」にされたら結構マズイことになりますよね。。。

かいり

 

ということで、本記事ではブログ初心者向けにプライバシーポリシーや免責事項の書き方について詳しく解説していきますね。

 

記事の終盤にはサンプル(ひな型)も用意しているので、コピペ&一部入力・変更等してご活用下さい。

 

そもそもプライバシーポリシー・免責事項とは?

そもそもプライバシーポリシー・免責事項とは?

ここではそれぞれの「特徴」と「必要になる理由」について簡単に解説していきますね。

プライバシーポリシーとは?

プライバシーポリシーとは、簡単に言うと「ブログ関連で収集されたあなたの個人情報は、このように利用します。」と宣言する文言のことですね。

 

ブログでは読者の個人情報を「直接および間接的」に利用します。▽

例2つ

  • お問い合わせフォームでは「氏名」「メールアドレス」を利用
  • 広告サービスでは「読者のcookie(アクセスデータ)」を利用 などなど

 

ですのでこのような個人情報を”どのように利用するか”は、あらかじめ読者に明確に伝えておく必要があります

 

免責事項とは?

免責事項とは、簡単にいうと「当ブログでは責任を取りません」という文言です。

 

たとえば読者から「おすすめされた家具を買ったけど、部屋に入らない!どう責任とってくれるんだ」と言われたら困りますよね。

 

こうしたトラブルを未然に防ぐために、免責事項を予めサイトに記載しておく必要があります。

 

 

つづいてプライバシーポリシーに記載すべき詳細内容を4つ解説します。

ブログのプライバシーポリシーに記載すべき内容4つ

ブログのプライバシーポリシーに記載すべき内容4つ

ブログのプライバシーポリシーに記載すべき内容は、次の4つです。

チェックリスト

  • Googleアドセンス広告
  • Amazonアソシエイト広告
  • Googleアナリティクス
  • お問い合わせフォームやコメント機能

 

ここからはそれぞれ「「具体的にどんな内容を含めるべきか」を解説していきます。

①Googleアドセンス広告

①Googleアドセンス広告

まずはじめに”Googleアドセンス広告を利用する場合”はプライバシーポリシーの掲載は必須となっています。

 

その理由はGoogleアドセンスのポリシーに下記のとおりか明記されているからですね。

プライバシーの開示

サイト運営者様 / パブリッシャー様には次の要件を満たしていただく必要があります。

  • Google のサービスを利用することで、サイト、アプリ、メールマガジンなどのプロパティで、データの収集、共有、利用について明確に開示するプライバシー ポリシーを掲載し、遵守すること。ウェブサイトに広告を掲載することによって、第三者がユーザーのブラウザに Cookie を保存したり、ウェブビーコンを使用したりして情報を収集する可能性があることについて、プライバシー ポリシーで明示すること

    Google によるデータの使用に関する開示義務を遵守するために、Google のサービスを使用するサイトまたはアプリから収集した情報を Google が使用する方法について、リンクを明示することもできます。

引用:Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー

 

さらにプライバシーポリシーでは、次のことについて詳細に明示しなさいとの記載もあります。

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

  • Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
  • Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
  • ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。

第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。

  • 第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
  • 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
  • これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。

引用:プライバシーとセキュリティ>必須コンテンツ

 

難しく文章が書かれていますが、つまりは次の2つについてプライバシーポリシーに明示しなさいとのことです。

 

要点まとめ

  1. 広告配信者がCookieを利用することで、ユーザーの興味関心に適した広告(パーソナライズド広告)を表示できること。
  2. ユーザー自身でパーソナライズ広告を無効にできること。

 

②Amazonアソシエイト広告の使用について

②Amazonアソシエイト広告の使用について

つづいてAmazonアソシエイト広告を利用する場合も、プライバシーポリシーの掲載が必須となります。

 

5. 乙がアソシエイトであることの表示

乙は、乙のサイト上または甲が乙によるプログラム・コンテンツの表示またはその他の使用を許可したその他の場所のどこかに、「Amazonのアソシエイトとして、[乙の名称を挿入]は適格販売により収入を得ています。」または本規約に基づき事前に許可された内容と実質的に同じ文言を目立つように明示しなければなりません。このような公表および適用法により求められる場合を除き、乙は、事前に文書により許可された場合以外に、本規約またはアソシエイト・プログラムへの乙の参加に関して公式な文書を表示しないものとします。乙は、本規約において明確に認められた場合を除き、甲との関係について不実の表明や誇張(甲が乙を支援、後援または支持しているという表明または暗示を含みます。)をせず、甲と乙またはその他のいかなる個人もしくは事業体との間の関係を表明したり暗示したりしないものとします。

引用:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

 

かいり
Amazonアソシエイトでは表記すべき文言が明記されているので、比較的わかりやすいですね。

 

③Googleアナリティクスでのデータ解析について

③Googleアナリティクスでのデータ解析について

つづいてGoogleアナリティクスを利用する場合も、プライバシーポリシーの掲載は必要となります。

 

7. プライバシー

お客様は、Google が個人情報として使用または認識できる情報を Google に送信したり、第三者によるかかる行為を支援または許可したりしないものとします。お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、ユーザーからの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで Cookie の使用、モバイル デバイスの識別情報(Android の広告識別子、iOS の広告識別子など)、またはデータの収集に使われる類似の技術について必ず通知するものとします。また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても開示する必要があります。こうした情報を開示するには、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」のページ(www.google.com/intl/ja/policies/privacy/partners/ または Google が随時提供するその他の URL)へのリンクを⽬立つように表示します。お客様は、本サービスに関連してユーザーのデバイス上で Cookie やその他の情報を保存、アクセスする行為が発生し、かかる行為に関する情報の提供とユーザーからの同意が必要であると法律で定められている場合には、ユーザーに明確かつ包括的な情報を提供し、同意を得るための商業上合理的な努力を払うものとします。

引用:Google アナリティクス利用規約

 

要約すると、下記3点についてプライバシーポリシーで明示しなさいとのことです。

要点まとめ

  1. Google アナリティクスを使用していること
  2. GoogleアナリティクスではCookieを使用していること
  3. Google アナリティクスでデータが収集・処理される仕組みについて

 

かいり
例文としては後ほどひな形を紹介しているので、そちらを参考にご覧ください。

 

④:お問い合わせフォームやコメント機能について

④:お問い合わせフォームやコメント機能について

最後にお問い合わせフォームやコメント機能についても、プライバシーポリシーに掲載しておく必要があります。

 

こちらはどこかに詳しく明記されているわけではないですが、個人情報を扱う部分なので”トラブルを避けるため”に必ず明記するようにしましょう。

 

具体的には次の3つに関してプライバシーポリシーに明記しておくといいです。

  1. 名前、メールアドレスの取り扱いについて
  2. IPアドレスの記録・取り扱いについて
  3. 誹謗中傷や公序良俗に反するコメントの取り扱いについて

 

参考:IPアドレスについて

wordpressブログではスパム対策として、自動的にIPアドレスが記録される機能がついています。

IPアドレスは直接的な個人情報というわけではありませんが、IPアドレスから逆算して「国、地域、郵便番号」などを把握することも実は出来てしまいます。(IPアドレス住所検索

 

かいり
ですのでこのIPアドレスの取り扱いについても明確に明記しておく方が、読者により安心してもらいやすいですね。

 

 

つづいては免責事項に記載すべき内容について解説していきますね。

ブログの免責事項に記載すべき内容3つ

ブログの免責事項に記載すべき内容2つ

免責事項には次の3つのポイントを記載しておくといいです。

免責事項2つ

  1. ブログ情報を通して不利益があっても責任を負えないこと。
  2. 100%正確かつ最新な情報発信については保証できないこと。
  3. 著作権に関する事項。

 

かいり
書くべき内容は比較的シンプルですが、書き方が難しいですよね。

次の章ではサンプルを公開しているので、そちらを参考にご活用ください。

 

プライバシーポリシー&免責事項の書き方【サンプル(ひな型)のご紹介】

プライバシーポリシー&免責事項の書き方【サンプル(ひな型)のご紹介】

ここからはプライバシーポリシー・免責事項の書き方について”各項目ごとにサンプル(ひな型)”をご紹介していきますね。

 

サンプルの各項目

  1. 当サイトに掲載されている広告について
  2. 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
  3. 当サイトへのコメントについて
  4. 責任の有無について

 

当サイトに掲載されている広告について

 サンプル

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、その他の広告名を挿入)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。

また「サイト名を挿入」はAmazonのアソシエイトとして適格販売により収入を得ています。

 

※A8netは「プライバシーポリシーに明記しなさい」といった規約はないですが、あくまで広告として利用している旨を伝えるために入れています。

 

かいり
太字黄色マーカーの部分は、それぞれサイト状況に合わせてご入力ください。

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

 サンプル

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

 

かいり
これはこのままコピペ利用が可能です。

 

当サイトへのコメントについて

 サンプル

個人情報の利用目的

当ブログでは、お問い合わせの際、名前やメールアドレス等の個人情報を入力していただく場合がございます。
取得した個人情報は、お問い合わせに対する回答を電子メールでご連絡する場合に利用させていただくものであり、当該目的以外で利用することはございません。

また当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。

コメント管理

全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の人物等を誹謗し、中傷するもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

かいり
これもこのままコピペ利用が可能です。

 

責任の有無について

 サンプル

免責事項

当サイトは、アフィリエイトプログラムにより商品をご紹介致しております。
アフィリエイトプログラムとは、商品及びサービスの提供元と業務提携を 結び商品やサービスを紹介するインターネット上のシステムです。
従いまして、当サイトの商品は当サイトが販売している訳ではありません。

お客様ご要望の商品、お支払い等はリンク先の販売店と直接のお取引となりますので、特定商取引法に基づく表記につきましてはリンク先をご確認頂けますようお願い致します。また、返品・返金保証に関しましてもリンク先の販売元が保証するものです。当サイトだけではなくリンク 先のサイトも良くご確認頂けますようお願い致します。
※商品の価格 商品の詳細 消費税 送料 在庫数等の詳細は時として変わる場合も御座います。

また当ブログのコンテンツ・情報に関しまして、出来る限り正確な情報を発信するように努めていますが、100%正確かつ最新であることを保証するものではありません。当サイトの掲載情報をご利用頂く場合には、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けますようお願い致します。当サイトでは、一切の責任を負いかねます事ご了承願います。

尚、掲載商品に関するお問合せはリンク先に御座います企業宛までお願い致します。当サイト管理者側ではお答え致しかねます事、ご了承ください。

著作権

当ブログで掲載している文章や画像などにつきましては、無断転載することを禁止します。

また、当ブログは著作権や肖像権の侵害を目的としたものではありません。著作権や肖像権に関して問題がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。迅速に対応致します。

 

かいり
これもこのままコピペ利用が可能です。

 

以上、プライバシーポリシー&免責事項のサンプルはここまでとなります。

まとめ:【ブログ必須】プライバシーポリシー&免責事項の書き方【サンプル有り】

まとめ:【ブログ必須】プライバシーポリシー&免責事項の書き方【サンプル有り】

今回はブログでのプライバシーポリシーと免責事項の書き方について解説してきました。

 

色々と解説してきましたが、結論プライバシーポリシーや免責事項はあなた自身の身を守るために極めて重要です。

 

ですので、今回紹介した”各サンプルを最大限活用”して必ず作成しておきましょう。

 

補足メモ

最後に、プライバシーポリシーは「固定記事で作成」し、トップページを含むどのページからでもアクセスできる場所(フッターなど)に設置しておくことが望ましいです。

※フッターへの設置方法は各wordpressテーマにより異なるので、設置方法については恐縮ですが各テーマごとに調べてお試しください。

 

以上、今回はここまで。

© 2021 Kairi Blog Powered by AFFINGER5