ブログ初心者がTwitter(ツイッター)集客を行うべき理由3つ

ブログ初心者がTwitter(ツイッター)集客を行うべき理由3つ
悩んでいる人
ブログ始めたらTwitter(ツイッター)集客って行うべきなの?

ブログに効果的なTwitter集客って実際どう始めればいいの?

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  1. ブログでTwitter(ツイッター)集客をすべき理由3つ
  2. 【ブログ初心者向け】Twitter(ツイッター)集客の実践手順5つ

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕も、実際に当ブログ用としてこちらのTwitter(@kairi_blog_org)を運営しています。

 

そもそもTwitter集客って本当にブログ用の集客方法として使えるの?

こんな疑問もあると思うので、僕のブログを始めて5か月間のデータを添付しておきます。▽

 

総PV数(記事の閲覧数):8,185回

 

集客媒体の割合:Twitter(Social)は72.8%の割合を占めている

 

当ブログを立ち上げて5か月、Twitter集客だけ約6000回ほど記事が見られているということですね。

 

 

かいり
逆にGoogleなどからの検索流入(Organic Search)は770回程度しかありません。

正直これだけしか読まれていなかったら、辛くてすでにブログを辞めていたかもですね。

 

 

前置きが長くなりましたが、ここからはより具体的に「ブログ初心者がTwitter集客を行うべき理由3つ」について解説していきます。

 

ブログ初心者がTwitter(ツイッター)集客を行うべき理由3つ

ブログ初心者がTwitter(ツイッター)集客を行うべき理由3つ

ブログ初心者がTwitter集客を行うべき理由は、次の3つです。

理由3つ

  • Twitterを使えば、書いた記事をすぐに読んでもらえる
  • 指名検索・サイテーション・被リンクを得られ、SEO面での効果も期待できる
  • 個人をブランド化でき、今後の活動内容を横展開しやすい

 

ここからはそれぞれ詳細に解説していきますね。

理由①:Twitterを使えば、書いた記事をすぐに読んでもらえる

Twitterでは記事を紹介することができるので、書いた記事をすぐに読者へ届けることができます。

イメージとしては、下記のようなツイートですね。

 

▽例:記事の紹介ツイート

 

当たり前かもですが、ブログ記事は人の目にふれることではじめて読まれる可能性が生まれます。

 

なので「なんとなく記事を書いたら誰かは読んでくれるはず」では読んでもらえません。

 

またすこし専門的な話となりますが、SEO対策をしてもGoogle検索からの流入が増え始めるのは「ブログを立ち上げてから半年~1年後くらい」が目安です。

 

「え?そんなに時間がかかるの?」と思うかもですが、実はそうなんですよね。

 

というのもサイトを立ち上げたばかりで記事数も少ない、専門性も低いものをGoogleも信用しようがないからです。

 

そこで「早く記事を読んでもらいたい」「収益を少しでも早くあげたい」という方は、Twitterで情報発信をすることがかなり重要な要素となります。

 

理由②:指名検索・サイテーション・被リンクを得られ、SEO面での効果も期待できる

つづいてTwitter集客は、SEO(検索エンジン最適化)面でも効果を期待できます。

 

SEOとは検索エンジン(主にGoogle)からの流入を増やす施策のこと。

 

その理由としては、Twitterを通じてブログを知ってもらうことで「指名検索サイテーション被リンク(←意味はリンク先参照)」を得られるからです。

 

具体的には、下記のようなイメージですね。

 

指名検索の例(Googleサーチコンソール)

 

当ブログ名をTwitter経由で知ってもらえたことで、Googleの検索キーワードとして打ち込まれ、サイトがクリックされているということですね。

 

被リンクの例

(出典:かばぞうワイルドライフ

 

こちらはTwitter企画を通じてサイトを紹介してもらう(被リンクを得る)ことができた事例ですね。

 

かいり
これらの事例から、Twitterを運用することは「SEO面での効果」も期待できます。

 

 

理由③:個人をブランド化でき、今後の活動内容を横展開しやすくなる

Twitterは個人をブランド化させることもできるので、今後の活動内容を横展開しやすくもしてくれます。

 

例として、僕の周りで起きている下記2つの事例を紹介しますね。

事例2つ

  • 自商品の販売(有料noteなど)
  • 転職・副業・フリーランスのアピール材料 などなど

 

 自商品の販売(有料note):マーティさん(@MartyLand00

 

ブログ用にTwitter集客を行いながら、Twitterのフォロワー数が1000人を超えたため、そのノウハウを有料販売(横展開)したケースですね。

 

転職・副業・フリーランスのアピール材料:りいさん(@Ree__blog


こちらはブログ×Twitterをしていたら、副業の仕事をもらえたケースですね。

 

Twitterは信頼性を担保する情報源にもなりますし、インフルエンサーになればそれだけで転職が可能だったりもします。

 

 

かいり
以上ざっくりした解説ですが、これらの理由からTwitter集客をやらない理由はないですね。

もちろん後からやめるのは自由なので、まず挑戦してみることをおすすめします。

 

 

つづいては「Twitter集客って実際どう行えばいいの?」という疑問に対して、詳しく解説していきます。

Twitter集客を効果的に行うための準備5つ

Twitter集客を効果的に行うための準備5つ

Twitter集客を効果的に行うための準備は、次の5つです。

準備5つ

  • マーケットの選定
  • ターゲット層の選定
  • 専門性・権威性・共感性・フォローする動機を考える
  • プロフィールを充実させる
  • インフルエンサーをフォローする

 

それぞれ具体的に解説していきますね。

準備①:マーケットの選定

まずはマーケットの選定をしていきます。

 

ずばりマーケットとは、潜在フォロワーの総数のことです。

(※潜在フォロワーの総数:フォローしてくれる可能性のあるTwitter利用者数のこと

 

たとえばTwitterのアカウント検索で「筋トレ」を入力すると、Testosterone(@badassceo)さんが126万人と最も多いフォロワー数を獲得しています。

 

他にも筋トレを主として情報発信している人の中には、5万人~25万人くらいフォロワーがいるアカウントも多かったので、かなり潜在フォロワー数の多いマーケットだと判断できますね。

 

このように「そもそもフォロワー数が一定以上まで伸びる可能性があるか」を確認することを、マーケットを選定すると呼んでます。

 

あらためてマーケット選定の手順は次の3つです。

マーケット選定の手順3つ

  • Twitterのアカウント検索でマーケット検索をする。
  • 1番フォロワー数の多いアカウントを参考に”潜在フォロワー”を確認する(目安:10万人を超えているか)。
  • 他にフォロワー数の多いアカウントがあるか。どれくらいのフォロワー数がいるかも合わせて確認する。

※だいたい2番目以降のアカウントフォロワー数くらいまでは、努力次第で達成できる可能性があります。

 

今の時代伸びているマーケットには必ずインフルエンサーはいます。

 

逆にインフルエンサーが存在しないマーケットは、伸びないであろう可能性の方が高いので選ばない方が無難です。

 

ここにも注意

  • ブログで失敗しないジャンル選定についても同時に考慮しよう
  • マーケットの市場が伸びているかもググって確認しよう(▽例:筋トレ全般の市場は伸びている)

 

かいり
マーケットの選定方法はこんな感じですね。

重要な部分なので、じっくり考えるといいです。

 

準備②:ターゲット層の選定

つづいてはターゲット層を決めていきましょう。

 

具体的には、次の5つのポイントについてターゲット層のイメージができているといいですね。

ターゲット層を定める5つのポイント

  • 悩み
  • 求めている情報
  • 人物像
  • 人物像の詳細
  • 人物像の反応しやすい時間帯

 

例:僕のTwitter(@Kairi_blog_org)でのターゲット層

悩み
  • 会社が面白くないから、何か違う道を探してる
  • まず本業以外の副収入を得たい。
  • 副業としてブログを始めて稼ぎたい。
  • ブログ運営で稼ぐイメージが湧かない。
  • 0から1の実績・価値を作りたい。
  • 月数万円稼げる仕組みを作りたい。
求めている情報
  • ブログの始め方
  • 資産的価値のあるブログの作り方
  • ブログで稼ぐ仕組み
  • 集客方法(SEO・Twitter)
  • おすすめツール情報
  • その他背中を押してくれる情報
人物像 副業ブログに興味のある会社員
人物像の詳細
  • 年齢:20代前半~30歳程度
  • ライフスタイル:平日は9時~17時半まで仕事、土日祝休み
  • 仕事以外の時間は基本的にブログを頑張っている(または頑張るつもり)
反応しやすい時間帯 平日

  • 出勤中:6時半~8時
  • ランチタイム:12時前後
  • 仕事に疲れてくる時間:15時~16時
  • 帰宅時間:17時半~18時
  • ブログの休憩:22時~24時

休日

  • 起床後:7時~9時
  • 就寝前:20時~22時

 

こんな感じで、ターゲット層の選定では「どんな人に向けて情報を発信するのか」を具体的に決めていきましょう。

 

準備③:専門性・権威性・信頼性・フォローする動機を考える

つづいては「自分の専門性・権威性・信頼性」「自分をフォローする動機」について考えていきましょう。

 

たとえば、僕の場合は下記のとおりです。

専門性 副業ブログ歴1年半、サイト設計・マーケット選定など逆算思考が得意
権威性 総収益1万円超
信頼性 神奈川県在住、24歳、上場企業で勤務
フォローする動機 副業ブログで稼ぎたい。ブログで価値を提供できるようになりたい。

 

権威性については多くの場合あとから付いてくるので、最初は無くてもOKです。

 

発信するジャンルに沿って、これらのポイントについて一度じっくり抽出してみてください。

 

準備④:プロフィールを充実させよう

つづいてはここまでの分析を基に、プロフィールを作っていきます。

 

先ほど考えた「自分の専門性・権威性・信頼性」「自分をフォローする動機」はまず盛り込んでおくといいです。(▽イメージ)

 

僕は入れていないですが、ターゲットも分かるように入れるといいかもですね。

 

例)20代サラリーマン向けに、副業ブログのノウハウを情報発信しています。

⇒ターゲット層に、かなり興味を持たれやすくなると思います。

 

アイコンやプロフィール画像については「自分で作る・画像を仕入れる」または「ココナラ等を利用して誰かに安く作ってもらう」といいです。

 

例:当ブログのTwitterの場合

  • アイコンはIllustratorで自作。
  • プロフィール写真は、O-DANから無料入手。(横浜の写真)

 

Illustratorでの自作はお金が結構かかりますし、扱う技量も必要なので、正直ココナラで安く作ってもらう方が一般的にコスパは高いと思います。

 

 

かいり
ここまで進められればあとは、効果的なツイートができるかですね。

 

準備⑤:インフルエンサーをフォローしよう

最後の準備として、マーケットに沿ったインフルエンサーをフォローしておきましょう。

 

フォローすべき理由は、反応の良いツイートの型を参考にできるからですね。

 

インフルエンサーレベルになると、どんな型でツイートをすれば反応がいいのかを把握して運用しています。

 

伸びるツイートには伸びる理由があるということですね。

 

ですので、勉強するという意味でまずはインフルエンサーをフォローしておくことといいです。

 

 

【ブログ初心者向け】Twitter(ツイッター)の活用方法3つ

【ブログ初心者向け】Twitter(ツイッター)の活用方法3つ

次はブログ初心者向けに、Twitterの活用方法3つをご紹介します。

紹介)活用方法3つ

  • 記事の紹介ツイートを行う。
  • 記事公開の予告ツイートを行う。
  • マーケットに関連した情報発信を行う。

 

 

ここからは僕自身のツイートをもとに具体例を紹介していきますね。

Twitter活用事例①:記事の紹介ツイートを行う

まずは「記事の紹介ツイート」についてご紹介していきます。

 

前提として、記事の紹介ツイートには次の2つがありますね。

型2つ

  • 新規記事の紹介ツイート
  • 公開済み記事の紹介ツイート

 

それぞれのイメージとしては、下記のとおりです。

新記事の紹介ツイート

おさえているポイント3つ▽

  • 新記事を公開したことを伝えること
  • 記事の内容を伝えること
  • 読んで得られるメリットを伝えること。

 

公開済み記事の紹介ツイート

おさえているポイント3つ▽

  • どんな悩みを解決する記事か
  • 読んで得られるメリットは何か
  • ハードルの低さや重要性について

 

Twitter活用事例②:記事公開の予告ツイートを行う

つづいては、「記事公開の予告ツイート」についてご紹介します。

 

具体例としては、下記のイメージですね。

 

記事公開の予告ツイートのポイント3つ

  • いつ公開するかを明確にすること
  • 記事の内容を伝えること
  • 興味を持たれやすい文言をつけること(実例付きとか)

 

周知して興味を持ってもらうことが目的なので、比較的反応のいい朝方にツイートするのがいいかもですね。

 

Twitter活用事例③:マーケットに関連した情報発信を行う

最後に、マーケットに関連した情報発信を行っていきましょう。

個人のブランディングのために、わりとメインとなる発信ですね。

 

具体例①

 

これは「過去と現在の比較+主張ポイントの型」でツイートしたものですね。

 

具体例があることで、より分かりやすくインパクトを持ってもらえるようにツイートしています。

 

かいり
いきなり型を使っての情報発信は難しいですが、マーケットに沿ったインフルエンサーのツイートを研究していくと伸びるツイートの型は分かってきます。

 

具体例②

 

これは「主張+結果+インフルエンサーへの感謝(メンション付き)+結論」の型でツイートしたものですね。

 

これはすこし変わった情報発信法で、インフルエンサーから「いいね」や「リツイート」をもらうことでプチバズリを狙ってます。

 

潜在フォロワーに、自分を知ってもらう機会を増やす戦略の一つですね。

 

ただ、やりすぎは自分のアイデンティティが無くなるので注意してください。

 

かいり
以上、僕のTwitter活用法についての具体例でした。

マーケットに関連した情報発信については、試行錯誤をしながら最適解を見つけていきましょう!

 

 

まとめ:ブログ初心者がTwitter(ツイッター)集客を行うべき理由3つ

ブログ初心者がTwitter(ツイッター)集客を行うべき理由3つ

今回の解説はここまでとなります。

ぜひ参考にしながら、Twitter集客にチャレンジしてみてほしいと思います。

 

最後にTwitterに取り組むうえでの注意ポイントについて簡単に紹介しておきます。

 

注意ポイント①

最初のうちはDMでの勧誘が多いので注意

たとえば「自由なライフスタイルを~」とか「質問ですが、〇〇さんは~」系は全部勧誘なので無視でOKです。

 

注意ポイント②

Twitterはあくまでも情報の拡散装置なので、自身のコンテンツ(ブログ)を充実させる方が優先的です。

まずは記事執筆に集中しながら、記事の紹介をメインに行うのがいいと思います。

 

注意ポイント③

相互フォローはあまりメリットがないので、おすすめしません。

自分は情報発信のプロになる」という意識をもって、フォローされるよう努力することが重要。

※もちろん興味やメリットがある人をフォローするのは自由です。

 

かいり
以上、こんなポイントにも注意してTwitterを運用していくといいですよ。

ぜひ楽しみながら頑張っていきましょう。

 

© 2021 Kairi Blog Powered by AFFINGER5