ブログで文章構成を作る5つの手順【ブログ記事は事前準備が8割】

ブログで文章構成を作る6つの手順【ブログ記事は事前準備が8割】
悩んでいる人
ブログの文章構成ってどんな手順で行っているの?そもそもブログで文章構成って必要?

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  1. ブログで文章構成を作る手順5つ
  2. 【文章の肉付け】PREP法の基本と応用方法について

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、ブログ3か月目でPV2600、総収入8000円を突破している者です。

「文章がシンプルだけど読みやすい」との定評もあります。

 

 

今回は「文章構成って必要?どうやるの?」というテーマのもと解説していきます。

 

結論、文章構成は必ず先に作っておいた方がいいです。

 

なぜなら先に文章構成を作ることで、下記2つのメリットが得られるからですね。

メリット2つ

  1. 主張がブレなくなる
  2. 工程が分かれるので、作業が単純化する

 

ですので特にこんな方(▽)は、本記事を参考に文章構成の作り方を取り入れてみてください。

「記事を書く途中で手が止まってしまう方」

「マルチタスクが苦手な方」

「効率的に記事を書きたい方」

 

こちらもCHECK

no image
80記事書いたブログを捨てる決断?【最後の気づきを共有します】

続きを見る

 

 

それではさっそく、文章構成をを作る手順5つについて解説していきますね。

ブログで文章構成を作る手順5つ

ブログで文章構成を作る手順6つ

ブログで文章構成を作るざっくりした手順は、次の5つです。

手順5つ

  • 「記事タイトル」「h2タイトル」を決めて、記事を階層化する
  • 「解説ポイントのまとめ」をh2タイトル下に記載
  • 「h3タイトル」に各解説ポイントを入れて、さらに記事を階層化する
  • 「主張ポイントとその理由」をh3タイトル下に記載
  • 読者を引き付けるリード文を作る

 

 

ここからはそれぞれ手順ごとに、詳しく解説していきますね。

手順①:「記事タイトル」「h2タイトル」を決めて記事を階層化する

まずは「タイトル」や「h2タイトル」を決めて、記事を階層化いきます。

 

具体的なイメージは下図を参考にしてください。

 

かいり
「h2タイトル」とは、記事内の見出しというイメージです。

具体的には第1章とか第2章って感じで、記事全体の内容を区切るために使います。

 

 

まずは「記事タイトル」から作っていきましょう。

 

「記事タイトル」でおさえるといいポイントは次の2つ。

ポイント2つ

  1. タイトルは32文字にする(検索時に表示される文字数)
  2. 検索キーワードをなるべく前半に入れる

※「検索キーワードって何?」という方は、こちらの記事「【ブログ超初心者向け】キーワード選定とは?【稼ぎたい方は必見】」も参考にご覧ください

 

つづいては「h2タイトル」を決めていきます。

 

「h2タイトル」では、読者のニーズ(顕在ニーズ、潜在ニーズ)にこたえられる題名をつけていきます。

【1章目】h2タイトル:

基本的に記事タイトル名と同じでOK。顕在ニーズにこたえるためのタイトルをつけましょう。

【2章目】h2タイトル:

読者の潜在ニーズにこたえられるタイトル名をつけましょう。

【まとめ】h2タイトル:

『まとめ:第1章のh2タイトル名』でタイトルをつけると、SEO的に良くなります。

※読者のニーズ(顕在ニーズ、潜在ニーズ)がよく分からないという方は、こちらの記事「検索意図の調べ方と考え方|ニーズの分析方法も具体的に解説【必見】」をあわせて参考にどうぞ。

 

 

「記事タイトル」と「h2タイトル」が決まったら、次の手順へと進みます。

手順②:解説ポイントのまとめをh2タイトル下に記載

つづいては解説ポイントのまとめをh2タイトル下に記載していきます。

 

解説ポイントのまとめを「h2タイトル」下に入れる理由は、読者にこれから解説する内容の全体像を伝えるためです。

本記事いえば下図の部分ですね。

 

これは全体像を伝えることが目的。

ですので、簡潔に箇条書きでまとめておくといいです。

 

かいり
解説内容については、多少時間をかけて考えましょう!

 

 

手順③:「h3タイトル」に各解説ポイントを入れて、さらに記事を階層化する

つづいては先ほどh2タイトル下に入れた解説ポイントを「h3タイトル」に挿入し、記事を更に階層化していきます。

 

具体的なイメージは下記のとおりですね▽

 

解説ポイントを挿入するコツ

  • 手順解説なら「手順①:~」「手順②:~」「手順③:~」と挿入
  • 主張ポイントなら「ポイント①:~」「ポイント②:~」「ポイント③:~」と挿入

 

⇒これによって読者も「今どこまで進んだのか」をぱっとみて分かる構造ができますね。

 

 

手順④:「主張ポイント(結論)と理由」をh3タイトル下に記載する【PREP(プレップ)法の枠組み】

つづいては「主張ポイント(結論)とその理由」をH3タイトル下に記載していきましょう。

 

イメージ的には下記のとおりです。

 

 

これは「PREP法(プレップ法)▽」の枠組みをあらかじめ作るために記載します。

PREP法

  • 結論
  • 理由
  • 実例・具体例・事例・体験談
  • 結論

 

例えば下記の例文をご覧ください。

【PREP法を活用した文章】

ブログは先に文章構成を作ることをおすすめします。

なぜなら下記二つのメリットが得られるからです。

  1. 主張がブレない
  2. 作業か単純化する

ですので記事の執筆に苦手意識がある方は、まず文章は構成から作っていきましょう。

【PREP法を活用していない文章】

ブログを執筆している時に内容の主張がブレると記事が書きにくくなりますよね。そもそも文章構成と肉付けを同時にやるのはしんどいです。

だから文章構成を先に作って主張がブレないように、楽に作業できるように記事を書いていきましょう。

 

「PREP法を活用した文章」と「PREP法を活用していない文章」だと、やはり前者の方が分かりやすいですよね。

 

 

そして僕も実は文章がうまいわけではなくて、この型を使い倒しているだけですね。

 

ですので文章構成を作る段階であらかじめ「結論と理由」を入れておくといいです。

 

 

手順⑤:読者を引き付けるリード文を作る

最後に読者を引き付けるリード文を作っていきましょう。

 

リード文とは「記事タイトル下~h2タイトル上」までの文章ですね。

本記事でいえばこちらです。

 

読者の引き付け方は色々とあるのですが、リード文で押さえておきたいコツは"4つ"のみ

 

詳しくはこちらの記事「ブログが読まれるリード文の書き方【押さえるべきコツは4つだけ】」で解説しているので、あわせてご覧ください。

 

 

 

かいり
ここまで終わればブログの文章構成の作成は完了です。お疲れさまでした!

最後に文章の肉付けでポイントとなるPREP法について、応用ケースを少しご紹介しておきますね。

 

 

【文章の肉付け】PREP法の応用方法について

ブログで先に文章構成を考えるメリット2つ

ここからは次の3つのケースに合わせた「PREP法の応用方法」について解説していきます。

 

応用ケース3つ

  1. そもそも結論自体のイメージが読者に湧かないケース
  2. 結論に対する理由が複数あるケース
  3. 「反論」が想定されるケース

 

ケースバイケースで「▽こんな形に変形させたりもしてもOK」という事例を紹介していきます。

 

PREP法の応用ケース①:そもそも結論自体のイメージが読者に湧かない

本記事でも、この型は結構使いました。

PREP法の応用例①

  • 結論
  • 結論のイメージ解説
  • 理由
  • 実例・具体例・事例・体験談
  • 結論

 

▽具体例)

 

特に初心者向けの記事ではよく使うことになるので、頭の片隅に入れておくといいかもです。

 

 

PREP法の応用ケース②:結論に対する理由が複数ある

PREP法の応用例②

  • 結論
  • 理由①
  • 理由②
  • 理由③
  • 実例・具体例・事例・体験談
  • 結論

 

具体的なイメージとしては、下図を参考にどうぞ。

 

かいり
理由が複数ある場合、こんな感じで箇条書きでまとめるといいですね。

ちなみに複数の具体例がある場合も同様です。

 

 

PREP法の応用ケース③:「反論」が想定される

PREP法の応用例③

  • 結論
  • 理由
  • 実例・具体例・事例・体験談
  • 反論への理解と提言
  • 結論

 

反論への理解と提言は、下記のイメージですね。

「文章構成や文章の型を決めて記事を書くなんて面白くない」と思うかもですが、伝わる記事を書いた方が"読者にたくさん記事を読んでもらえる"ので、実はこっちの方が楽しかったりしますよ。

 

これはより読者の悩みに寄り添える文章となるので、反論がありそうなら適所に入れるといいですね。

 

 

以上、文章の肉付け時にポイントとなる「PREP法の応用ケース3つ」についてのご紹介でした。

まとめ:ブログで文章構成を作る5つの手順【ブログ記事は事前準備が8割】

まとめ:ブログで文章構成を作る6つの手順【ブログ記事は事前準備が8割】

今回は「ブログの文章構成を作る手順5つ」や「肉付け時にも重要となる文章の型(PREP法)」について解説してきました。

 

あまり重要視はされにくいポイントだったりしますが、僕はブログにとってかなり大事な部分だと思っています。

 

ですのでぜひあなたのブログにも取り入れてみてくださいね。だいぶ読者の反応が変わるはずです。

 

≫ブログは質と量どちらも『必要』【重要なのは価値をつくることです】に戻る

 

© 2021 Kairi Blog Powered by AFFINGER5