【wordpress】Googleサーチコンソールの設定方法

【wordpress】Googleサーチコンソールの設定方法
悩んでいる人
wordpressにGoogleサーチコンソールを設定する方法を教えて!そもそもGoogleサーチコンソールって何?どんなことに使うの?

 

今回はこんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  1. Googleサーチコンソールの簡単な解説
  2. wordpressにGoogleサーチコンソールを導入する手順解説
  3. 【初心者向け】Googleサーチコンソールの活用方法3つ

 

【超簡単】WordPressブログの始め方|ConoHaWING
参考【副業】WordPressブログの始め方【簡単10分|画像付き】

続きを見る

 

【wordpress】Googleサーチコンソールの設定方法|導入手順の解説

【wordpress】Googleサーチコンソールの設定方法|導入手順の解説

それではまずGoogleサーチコンソールについて簡単な解説をした後、wordpressにGoogleサーチコンソールを導入する手順3つについて解説していきます。

 

Googleサーチコンソールとは何?

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供している「webサイト自体の解析を行える無料ツール」のこと

よく混合されがちなGoogleアナリティクスは”アクセスに関する解析”なので、Googleサーチコンソールとは目的が異なります。

 

Googleサーチコンソールで出来ること4つの例

例3つ

  1. XMLサイトマップとフィードの送信ができる
  2. 記事のインデックス(Googleに記事を登録する)リクエストができる
  3. クリックまたは表示されたクエリ(検索キーワード)を確認できる
  4. 記事のクリック数、表示回数、CTR(クリック率)、検索順位が分かる

 

簡単にいうと、記事ができたことをGoogleに伝えられたりサイトの状況を把握できたりする機能が備わっています。

 

こういった機能を持っているため、ブログを運営するうえでは必須ツールとなります。

それではさっそくwordpressにGoogleサーチコンソールを導入する手順について解説していきます。

Googleサーチコンソールの導入手順3つ

Googleサーチコンソールの導入手順は、次の3つです。

手順3つ

  1. Googleアナリティクスの導入
  2. GoogleサーチコンソールにGoogleアカウントでログイン
  3. URLプレフィックスにURL入力

 

それではそれぞれ詳細を解説していきます。

導入手順①:Googleアナリティクスを導入する

Googleサーチコンソールは、あらかじめ「Googleアナリティクス」を導入しておくことで簡単に導入できる仕組みとなっています。

Googleアナリティクスもアクセスを解析するツールとしてブログ運営に必須のものです。

 

ですのでまずはGoogleアナリティクスの導入を済ませていきましょう。

お手数ですが、Googleアナリティクスの導入方法は「【wordpress】Googleアナリティクスの設定方法を解説」を参考に進めて下さい。

 

こちらをCHECK

no image
80記事書いたブログを捨てる決断?【最後の気づきを共有します】

続きを見る

 

上記のGoogleアナリティクスの導入が済んだ方は、次へと進んでいきます。

かいり
Googleアナリティクスの導入が済んだ方は、サーチコンソールもすぐ設定できます!

導入手順②:GoogleサーチコンソールにGoogleアカウントでログインする

続いてGoogleサーチコンソールの公式ページにアクセスし、Googleアカウントでログインしていきます。

 

下記の画面が開けたら「今すぐ開始」をクリックし次へ進みます。

 

Googleへのログイン画面が表示されるので、次は「Googleアナリティクス導入時に作成したGoogleアカウント」でログインを行っていきます。

 

導入手順③:URLプレフィックスにURL入力

ログインが終われば下記の画面が表示されます。

ここでは「URLプレフィックス」に自サイトのURLを入力しましょう。

 

「所有権を自動的に確認しました」と出るので、これでGoogleサーチコンソールの導入は終わりとなります。

 

かいり
導入直後は処理に1日かかるので、利用開始は1日待ってからとなります!お疲れさまでした。

 

【ブログ初心者向け】Googleサーチコンソールの活用方法2つ

【ブログ初心者向け】Googleサーチコンソールの活用方法2つ

ではここから「ブログを始めたばかりの方は、Googleサーチコンソールをどのように活用すべきか」について解説していきます。

 

ずばりブログを始めたばかりであれば、次の2つのみ行っておけばOKです。

活用方法2つ

  1. サイトマップの送信
  2. インデックス登録のリクエスト

この二つを行うことで、サイトや記事がGoogleに認知されやすくなります。

目安としては「新記事の更新につき1回行う」イメージです。

 

それぞれ解説していくので、ぜひ今後の参考にして下さい。

まずはじめは、サイトマップの送信についてです。

活用方法①:サイトマップの送信

サイトマップの送信手順は、次の2つです。

  1. サイトマップを作成(プラグイン「Google XML Sitemaps」の導入と初期設定を行う)
  2. Googleサーチコンソールでサイトマップを送信

 

手順①のサイトマップの作成ではwordpressのおすすめプラグイン8選【超初心者向け解説あり】を参考にして下さい。「Google XML Sitemaps」の導入から初期設定(サイトマップの作成)まで進めることができます。

 

ここからは次の手順「②Googleサーチコンソールでサイトマップを送信する手順」について解説していきます。

 

まずはサーチコンソールの画面を開き「サイトマップ」クリックします。

新しいサイトマップの追加という画面が出てくるので、「sitemap.xml」と入力し送信をクリックしましょう。

 

続いて、新しいサイトマップの追加に「feed」と入力し送信をクリックします。

 

これでサイトマップの送信はこれで終わりです。

 

補足情報

サイトマップには「sitemap.xml」と「feed」という2つの種類が存在します。
それぞれの違いは下記の通りです。

  • sitemap.xml:サイト全体の情報を伝える役目
  • feed:更新されたページのみの情報を素早く伝える役目

Googleはこれら2つ共を送信しておくことが望ましいと発表しています。(参考
ですので、それぞれ忘れないように送信しておきましょう。

 

それではつづいて「インデックス登録のリクエスト方法」について解説していきます。

活用方法②:インデックス登録のリクエスト

そもそもインデックスとは「Googleが記事を分類し、Google検索に役立つものを記録していくこと」をいいます。

 

つまり、インデックスされていない記事はGoogle検索に表示されることはありません。

ですので今後Googleに記事をインデックスしてもらうため「記事を更新したらインデックス登録のリクエストをすること」をおすすめします。

 

インデックス登録のリクエスト手順

まずはGoogleサーチコンソール画面の上側にあるURL検査欄に「記事のURLを入力」し、Enterキーをクリックします。

 

するとインデックス登録がされていない記事は次のように表示されるため、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

 

こちらのポップアップが表示されるので、これでリクエストは完了です。

 

 

以上が、ブログ初心者向けのGoogleサーチコンソールの活用方法2つとなります。

まとめ:【wordpress】Googleサーチコンソールの設定方法

まとめ:【wordpress】Googleサーチコンソールの設定方法

Googleサーチコンソールは今後必ず役に立つツールなので、ブログ立ち上げ後すぐに登録しておくことをおすすめします。

 

また早く記事を読まれるようにするには、先ほど紹介した2つの活用方法も重要となるのでぜひ覚えておいて下さい。

 

≫【簡単】ConoHaWINGでのWordPressブログの始め方に戻る

 

 

© 2021 Kairi Blog Powered by AFFINGER5