【ブログ初心者向け】内部リンクの貼り方を徹底解説!|真似するだけでOK

ブログ 内部リンク 貼り方
悩んでいる人
内部リンクってどうやって貼ったらいいの?

SEOに効果的な貼り方とかもあればあわせて教えてほしい!

 

今回はこんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  1. 内部リンクの基本的な貼り方
  2. 内部リンクの貼り方でおさえておきたいポイント4つ【これだけ覚えておこう】

 

超初心者向け

そもそも外部リンクとは、下記のよるに自サイトから他サイトに発するリンクのことですね。

 

本記事を読めば、5分で内部リンクの貼り方をマスターできるようになりますよ。

 

関連

ちなみに外部リンクの貼り方について、こちらの記事「【ブログ初心者向け】外部リンクの貼り方を徹底解説|注意ポイントは1つだけ」で解説しています。ぜひ本記事とあわせてご覧ください。

 

それではまずブログ初心者向けに、内部リンクの貼り方について解説していきますね。

【ブログ初心者向け】内部リンクの基本的な貼り方

【ブログ初心者向け】内部リンクの基本的な貼り方

ここからは下記2つの内部リンクについて、貼り方の手順を解説していきます。

 

テキストリンク(▽イメージ)

画像リンク(▽イメージ)

 

かいり
ブログではテキストリンクの方をよく使います。

反対に画像リンクについてはあまり使わないので、参考程度にご覧ください。

 

それではそれぞれ解説していきますね。

内部リンク①:テキストリンクの貼り方

テキストリンクを貼る手順は、次の2つです。

ポイント

  1. 記事の投稿画面からリンクの挿入/編集ボタンをクリックする
  2. 歯車マーク(リンク設定)を押して、記事を挿入する

 

ここからは手順どおりに進めてみて下さい▽

step
1
記事の投稿画面から「🔗リンクの挿入/編集ボタン」をクリックする

 

まずは下記画像の参考に、リンクの挿入ボタンをクリックします。

「リンクの挿入/編集ボタン」をクリック

 

step
2
歯車マーク(リンク設定)を押して、記事を挿入する

つづいて下記の「歯車マーク(リンク設定)」をクリックします。

 

リンクの設定画面がポップアップされるので、挿入したい記事を選択し「リンクを追加」をクリックします。

 

かいり
テキストリンクの貼り方についてはこれだけですね。

下記のようにリンクが貼れましたらOKです。

 

 

補足

アンカーテキスト(リンクの文字)を変更したい時は、①で編集する

リンク先を新たなタブ(ページ)で開かせたい時は、②にチェックを入れる

 

 

つづいては、画像リンクの貼り方について解説します。

内部リンク②:画像リンクの貼り方

画像リンクを貼る手順は、次の3つです。

ポイント

  1. 記事の投稿画面から画像を挿入する
  2. 画像を選択して、リンクの挿入/編集ボタンをクリックする
  3. 歯車マーク(リンク設定)を押して、記事選択&リンクの挿入を行う

 

 

こちらも手順どおりに進めてみて下さい。

step
1
記事の投稿画面から画像を挿入する

まずは「メディアを追加」をクリックし、リンクにしたい画像を選択・挿入します。

 

※注意ポイント:画像を挿入する前に「代替テキストに記事のキーワードを入力」しましょう。

(後ほど詳しく解説しますが、SEO対策の効果があります。)

 

step
2
画像を選択して、リンクの挿入/編集ボタンをクリックする

つづいて挿入した画像をクリックし、「🔗リンクの挿入/編集ボタン」をクリックします。

 

step
3
歯車マーク(リンク設定)を押して、記事選択&リンクの挿入を行う

最後に歯車マークをクリックし、挿入したい記事を選択したのち「リンク追加」をクリックしましょう。

 

かいり
画像リンクの貼り方についてはこれだけですね。

プレビュー画面などで画像をクリックし、目的の記事へとアクセスできたらOK。

 

内部リンクの基本的な貼り方については以上です。

 

 

次は「SEO対策」「読者のユーザービリティ向上」のために、内部リンクでおさえておきたいポイント4つについて解説していきます。

【ブログ初心者向け】内部リンクを貼る上でおさえておきたいポイント4つ

【ブログ初心者向け】内部リンクを貼る上でおさえておきたいポイント4つ

結論、内部リンクでは次の4つのポイントをおさえておくといいです。

ポイント4つ

  1. 記事のキーワードを入れる(=SEO対策)
  2. タブは基本的に新たなタブで開くようにする
  3. アンカーテキストは簡潔にまとめる(目安30文字以内くらい)
  4. 不必要にリンクは入れない

 

それぞれ詳しく解説しますね。

ポイント①:記事のキーワードを入れる

1つ目のポイントとして、内部リンク(テキストリンク・画像リンク)には記事のキーワードを入れましょう。

 

例として、テキストリンクと画像リンクでそれぞれ「良い例」と「ダメな例」を紹介しますね。▽

キーワード:「ブログ サイト設計」

 

テキストリンク

良い例

ダメな例

 

画像リンク

良い例

ダメな例

※代替テキストは画像挿入時に入力できます。

 

内部リンクにキーワードを含めるべき理由は、どんなキーワードに対する内部リンクなのかを”Google”に正しく認識してもらうためです。

 

人であれば文脈からどんな記事か想像することができますが、Googleでは文脈までは正確に読み取ることはできない可能性が高いです。

 

ですのでGoogleにも正しく記事の関連性が伝わるよう、内部リンクにはキーワードを入れておく方が無難ですね。

 

 

ポイント②:タブは基本的に新たなタブで開くようにする

2つ目のポイントとして、タブは基本的に新たなタブ(ページ)で開くように設定しておく方がいいです。

 

新規タブのイメージ

 

理由としては複数回も同一タブでリンクを開いていった場合、ページを戻りたいときに読者がすこし面倒となるからです

 

めんどくさいという理由で読者が離れてしまうのは、正直もったいないですよね。

 

ですので基本的には新しいタブで開けるようにしてあげる方が、読者にとって優しいサイトになります。

 

かいり
ただ記事の終盤に貼る内部リンクなど「元のページにはもう戻らなくてもいい」場合もありますよね。

そういう場合は、リンク先を同一タブで開く設定にしておいてもOKだと思います。

 

結論、迷うならとりあえず新たなタブで開くよう設定しておくと無難!

 

ポイント③:アンカーテキストは簡潔にまとめる(目安30文字くらい)

3つ目のポイントとして、アンカーテキスト(リンクの文字)は目安30文字くらいにおさまるよう、簡潔書くといいです。

 

たとえば、こんなに長いアンカーテキストだと読む気がなくなりますよね。

 

ですのでテキストは短く、補足をつけるならリンク外で解説しましょう。

 

目安30文字くらいにまとめておけば、スマホ表示でも比較的見やすくなります。

 

ポイント④:不必要にリンクは入れない

最後のポイントとしては、不必要にリンクを入れないことです。

 

なぜなら読者にとっては必要性のない記事を紹介されても、単純に邪魔となるからですね。

 

たとえばよくあるケースとしては、下記のとおりですね。

  • 記事を読んでほしくて、全く関係性のない記事を紹介してしまうパターン
  • 収益性のある記事を読んでほしくて、とりあえずその記事を無理やり紹介してしまうパターン

 

これらは読者の回遊性を下げる原因となってしまったり、読者の信用を落とすことにつながったりしてしまうので、やめておく方がいいですね。

 

「内部リンクの理想的なつながり」はあらかじめサイト設計を行うことで解決できるので、こちらの記事「【副業ブログではサイト設計が命】ピラミッド型のサイト設計とは?」も参考にどうぞ。

 

 

まとめ:【ブログ初心者向け】内部リンクの貼り方を徹底解説!|真似するだけでOK

まとめ:【ブログ初心者向け】内部リンクの貼り方を徹底解説!|真似するだけでOK

以上、内部リンクの貼り方についての解説はここまでとなります。

 

最後に改めて「内部リンクでおさえておきたいポイント4つ」についてまとめておきますね。

ポイント4つ

  1. 記事のキーワードを入れる(=SEO対策)
  2. タブは基本的に新たなタブで開くように設定する
  3. アンカーテキストは簡潔にまとめる(目安30文字以内くらい)
  4. 不必要にリンクは入れない⇒サイト設計が重要

 

難しく考える必要はないですが、このポイント4つだけは必ず覚えておきましょう!

 

 

 

© 2021 Kairi Blog Powered by AFFINGER5