雑記記事

実はお金が怖いと心理的に思っていませんか?【お金が怖くない理由】

実はお金が怖いと心理的に思っていませんか?【お金が怖くない理由】
悩んでいる人
実は心理的にお金が怖くて、自分が大金を稼いだり貯めたりするのが想像つかない!

 

こんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな方にむけて、今回はお金の正体とその正しい捉え方について解説していきます。

 

本記事の内容

  1. お金が怖いと思ってしまう理由
  2. お金の正体
  3. 大きなお金を持つ意味

本記事の信頼性

僕は「本」や「年商1億円を超える起業家」からお金について学んできました。その後現在は「年間100万円の貯金」をしていたり、ブログで月に10万円稼ぐことを目標に日々過ごしています。

 

お金を稼げない、お金を貯められないという方は、実は根本的な原因として「心理的にお金が怖いモノと思っている」可能性があります

かいり
漠然とした怖いモノを手に入れることほど、怖いことはないですよね。

 

ですが、お金は怖いモノではありません。そして、お金が怖くない理由を理解できれば更に意欲的にお金を得ることに努力できるようになります

ですので、今回はそんな話をしていきます。

 

ちなみに、お金に関して特におすすめな本2冊はこちらです。

おすすめの本1冊目『金持ち父さん貧乏父さん』

言わずと知れた本ですが、特にお金の正しい捉え方を学ぶことができます

こちらはシリーズ物なので、次の『キャッシュフロークワドラント』なども読み進めていくといいです。

 

おすすめの本2冊目『勇気とお金の法則』

こちらはお金に対する感情の向き合い方と、お金を得るために踏み出すべき勇気を学べる内容となっています。

僕は著者と同じサラリーマンとして感情を揺さぶられ、一人で泣くほど感銘を受けました笑

 

かいり
もし興味がある方は、順番として①「金持ち父さん貧乏父さん」②「勇気とお金の法則」の順に読んでいくといいですよ。

 

それでは話を戻しまして、お金が怖いと心理的に感じてしまう原因3つについて解説していきます。

お金が怖いと心理的に感じてしまう原因3つ

お金が怖いと心理的に感じてしまう原因3つ

お金が怖いと心理的に感じてしまう原因は、次の3つ。

お金が怖い原因3つ

  1. お金に対する罪悪感
  2. お金に対する世間の常識に囚われている
  3. そもそもお金の正体について分かっていない

 

正直これだけではよく分からないと思うので、それぞれ具体例とあわせて解説していきます。

 

お金が怖い原因①:お金に対する罪悪感

まずお金が怖い原因の一つ目として「お金に対する罪悪感」があります。

 

例えばお金に対する罪悪感とは、次のようなケースです。

  • お金が無いから、家族にあまり自由な選択肢を与えることができてない。
  • お金が無いから、友達からの遊びの誘いを断ってしまった。
  • お金が無いから、あまり高い結婚指輪は買ってあげられなかった。

このような感情は誰にでもあると思います。

 

こんな時多くの人は、その罪悪感から目を逸らして逃げます

その理由は、今必要なお金が無くてどうしようもないからです。

 

つまりお金への罪悪感があると、人はお金について考えるのを止めてしまいます。

その習慣が続くと次第にお金について考えること自体を、毛嫌いするようになっていきます。

 

これがお金への罪悪感から漠然とお金を嫌ってしまっている仕組みです。

 

そしてこの原因への対処法は、今一度お金と向きあっていくことです。

お金との向き合い方は後ほど解説します。

 

続いては、お金が怖い原因の二つ目について解説していきます。

お金が怖い原因②:お金に対する世間の常識に囚われている

次にお金が怖い原因として「お金に対する世間の常識に囚われている」という可能性があります。

これは起業家に出会って学んだことです。

 

普通のサラリーマンのような家庭内では、日常的にこんな言葉を聞きますよね。

  • 福利厚生の良い会社について、お金が安定して入ってくるのが幸せなんだ
  • お金をたくさん稼ぎたいなんて、強欲すぎじゃない?
  • 副業はやめろ。あんなリスクのあるものは危ない

 

大事なことは2回言え」といいますが、人は繰り返し聞くとその言葉を重くうけとめて、信じてしまうこともあります。

 

つまり、人は大多数の人の常識(世間の常識)に囚われやすい存在ということです。

 

そして日本ではお金の勉強が義務教育に含まれていないので、実際は多くの人がお金についてよく分かっていません。

ほとんどの人がお金について勉強することなく、一生を終えていきます。

 

では、この人達のお金に対する意見は本当に正しいのでしょうか?

 

重要なのは自分で勉強し、自分の目でよく見てから判断することです。

 

お金が怖い原因③:お金の正体を知らない

お金が怖い原因の三つ目として「お金の正体を知らない」ことが挙げられます。

 

お金ってよく分からないけど、生活には絶対必要なものだよね

なんとなくこんな風に「お金」を捉えている人も多いと思います。

 

でも一番生活に身近で必要なモノ、それをよく分かっていない

これって怖くないですか?

 

心理的にお金が怖いというのは、一番この点が大きいと思っています。

 

つづいては、お金の正体について解説していきます。

お金の正体とは?

お金の正体とは?

お金の正体

結論、お金とは「感謝を形にしたもの」です。

 

その理由は、お金の誕生を知れば分かります。

▶本来、人は物々交換でお互いの感謝を伝えていたところに、より流通などが便利になるように通貨(お金)が誕生しました。

 

例えば、モノを買う時はその感謝の形としてお金を渡します。

逆にモノを売った場合、自分にはお金という感謝の形が手渡されます

 

これを悪用して価値のないモノにお金を求めたりする人もいますが、それは人間の悪い部分であり、お金が悪いわけではありません。

 

ですので本来お金は怖いモノではなく、「感謝の形」というポジティブなものです。

 

次はお金を正しく「感謝の形」だと正しく認識するコツを解説します。

お金を「感謝の形」として正しく認識するコツ

お金を正しく認識するコツは次の1つだけです。

 

それは、お金を支払う時に「ありがとう」と声に出すこと

お金を支払う時に、感謝の気持ちを込めて言葉に表しましょう。

 

コンビニやスーパーなどで買い物をするときはもちろんですが、光熱費などの支払いも同じくです。

 

「暖かくしてくれてありがとう」

「いつも当たり前に電気・ガスを使わせてくれてありがとう」

 

こんなことを意識しながら「ありがとう」という感謝をお金に込めます

シンプルですが、お金を正しく認識するうえでは一番重要です。

 

次にお金を稼ぐことへの正しい認識について解説します

お金を稼ぐとは?

お金を稼ぐとは「価値を提供したことによって感謝を受け取るということ」です。

「①会社員」と「②ブロガー」を例として、お金が発生する仕組みについて見てみましょう。

 

①会社員がお金を稼ぐ(=感謝を受け取る)仕組みとは

  1. 会社組織としてユーザーに価値を提供することで利益を得る。
  2. そして会社は、労働力という価値を提供してくれた会社員へお金という感謝を渡す。

 

②ブログ(広告収入)でお金を稼ぐとは

  1. 記事読んで価値を感じることによって読者がモノを買う。
  2. そして広告主は宣伝してくれたことに感謝を込めてお金をブロガーに渡す。

 

これがお金を稼ぐということです。

 

 

大きなお金を持っている意味とは

大きなお金を持っている意味とは「大きな感謝、あるいはたくさんの感謝を受け取った」ということです。

 

またそれは反対に、「大きな感謝、あるいはたくさんの感謝を伝えられる」ということです。

 

大きなお金を持つのは怖いことではありません。

むしろ今の時代ではお金を持つことで人としてより感謝に囲まれた生活を送ることが出来るようになり、幸せを感じやすくなります

 

そしてお金を持つことで、幸せを人に分け与えられる人間にもなります。

ですので僕はお金を貯めますし、お金を稼ぐことに尽力しています。

(ありがとうと言いながら、ニコニコ過ごす日々って幸せそう。)

 

まとめ:実はお金が怖いと心理的に思っていませんか?【お金が怖くない理由】

まとめ:実はお金が怖いと心理的に思っていませんか?【お金が怖くない理由】

今回は「お金」の概念についての解説してきました。

 

お金を稼ぐうえで「お金」をポジティブに正しく捉えることは重要です。

じゃないと性格の良い人ほど損してしまいます。それは正直、勿体ないです。。。

 

今後お金を支払う際には「ありがとう」と感謝を伝えること。

これを習慣化してみて下さい。お金への価値感が大きく変わること間違いなしです。

 

 

-雑記記事

© 2021 Kairi Blog Powered by AFFINGER5