ブログ運営

【無料】もしもアフェリエイトの登録方法|5記事書けたら登録しよう

かいり
もしもアフェリエイトってどうやって登録したらいいの?

広告の貼り方もよく分からないから、そこもついでに教えてほしい!

 

今回はこんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

  1. もしもアフェリエイトの登録方法
  2. もしもアフェリエイトの広告の探し方
  3. もしもアフェリエイトの基本的な広告の貼り方
  4. 物販広告(Amazon・楽天)の貼り方

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、もしもアフェリエイトを1年以上利用している者です。

今回は初心者向けに、登録方法~基本的な使い方について解説していきますね。

 

本記事を読めば、もしもアフェリエイトを使って下記のような広告も作成できるようになりますよ。


 

もしもアフェリエイトはを利用するには、最低でもブログ記事数が5記事は必要となります。その点は予めご注意ください。

 

まだブログを始められていない方は、こちらの記事「【副業】WordPressブログの始め方【簡単10分|画像付き】」を参考にご覧ください。

 

 

それではさっそくもしもアフェリエイトの登録方法について手順解説していきますね。

【無料】もしもアフェリエイトの登録方法|5記事書けたら登録しよう

【無料】もしもアフェリエイトの登録方法|5記事書けたら登録しよう

もしもアフェリエイトの登録手順は、主に次の4つです。

ポイント

  1. もしもアフェリエイトにアクセスする
  2. メールアドレスを使って仮登録をする
  3. 本登録を行う
  4. サイト情報を追加する【補足】

登録にはメールアドレスが必要となるのでご注意ください。

 

それではそれぞれの手順を詳しく解説していきます。

ステップ①:もしもアフェリエイトにアクセスする

まずは下記リンクから、もしもアフェリエイトにアクセスをしていきましょう。

 

≫もしもアフェリエイトにアクセスする

 

下記画面を開けたら、OKです。

 

ステップ②:メールアドレスを使って仮登録をする

つづいてはメールアドレスを使って仮登録をしていきます

 

まずは先ほどの画面にある「メディア会員登録」「会員登録する(無料)」のどちらかのボタンをクリック

 

すると仮登録の画面に移るので、「①メールアドレスを入力」⇒「②確認メールを送信」の順に進めていきましょう。

 

下記の画面が表示されたら、とりあえず仮登録は完了!

 

次はもしもアフェリエイトから届くメールを確認して、本登録を行っていきます。

 

ステップ③:本登録を行う

まずはもしもアフェリエイトから届いたメールを開いていきましょう。(▽実際のメール)

 

メールの中身を開くと本登録用のURLがあるので、それをクリックします。

 

すると、下記のアカウント情報入力(本登録)画面に移ると思います。

ここではもしもアフェリエイトで利用する「ユーザーID」「パスワード」を個別に決めていきます。

入力が終われば「次へ進む」をクリックしてください。

 

つづいてユーザー情報入力の画面が表示されるので、各項目を入力し「次へ進む」をクリックします。

※個人情報の入力だけなので、詳細解説は省略します。

 

つづいて、入力内容の確認画面が開くので「間違いがないか」を確実に確認してください。

問題なければ利用規約を確認して「登録する」をクリック

 

下記の画面が開かれれば、本登録は完了です!

 

つづいて広告を利用するにはサイトの登録が必要となるので、そこの解説をしていきます。

 

ステップ④:サイト情報を追加する【補足】

まずは先ほどの画面にある「サイトを登録する」をクリックしましょう。

 

すると「サイト追加」という画面が開かれるの、それぞれの項目を入力していきます。

ポイント

①サイト名

②サイトURL

③カテゴリ:適当なモノでOK。

④月間ページビュー数:月にサイト記事がどれくらい閲覧されているか。分からなければ0~100でOK。

 

メモ

おすすめプロモーションはそのままでもOK。

チェックを外す場合、楽天市場だけはチェックを入れた状態にすることをおすすめします。

 

つづいてはサイト登録ガイドラインの確認をしていきましょう。

 

特に注意しておくべきポイントは2つ。

注意ポイント2つ

  1. パブリシティ権を侵害していないか:著名人の画像や名前を使っている場合は注意。(Twitterの埋め込みを使うなどで対応可)
  2. 引用要件を満たしているか:補足的に他のサイトの画像や文章を使うときは、引用先のリンクを貼り付ける必要があります。

 

「悪いことはしていないはずなのに、サイトの追加申請に通らなかった!」という場合は、だいたいこの2つが原因になると思います。

あとはそれぞれ個別にご確認ください。

すべての当てはまらないにチェック」を入れられたら、登録内容を確認するをクリックしましょう。

 

すると最後の画面が出てくるので改めて再確認をし、問題なければ「この内容で登録する」をクリックします。

 

かいり
これでサイトの追加申請は完了です。数日後には結果がメールで通達されるので広告利用までは少しお待ちください!

 

参考

ちなみに、審査に通ればこんなメールが届きます。

 

 

それではつづいて、もしもアフェリエイトの広告の貼り方について解説していきますね。

知っておくことと良いこともあるので、ぜひ続けてご覧ください。

【もしもアフェリエイト】広告の貼り方を解説

【もしもアフェリエイト】広告の貼り方を解説

ここからの解説ポイントは、次の3つです。

解説ポイント2つ

  1. アフェリエイト広告の探し方と提携方法
  2. アフェリエイト広告の基本的な貼り方
  3. もしもアフェリエイトを使った物販広告の貼り方【カエレバ】

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

①アフェリエイト広告の探し方と提携方法

まずはじめに広告の探し方について解説します。

 

広告を探す方法は、次の2つ。

広告の探し方2つ

  1. 検索キーワードで探す
  2. カテゴリーから絞って探す

 

まず①はトップページ上部にある検索窓から探すことができます。

 

たとえば商品名とかジャンル名が決まっていれば、そのキーワードを入力してみてください。

こんな感じですね。

検索をして”〇〇件のプロモーションがヒットしました”と出れば、広告が存在するので下にスクロールして広告をさがしていきます。

 

 

次に②はトップページ上の左側にあるカテゴリー覧から探すことができます。

 

具体的には各カテゴリーにカーソルを合わせると、こんな感じで小カテゴリーが表示されます。

この小カテゴリーの中からサイトに合ったものをクリックしてみましょう。

 

あとは詳細の広告一覧(プロモーション)が表示されるので、その中から使いたい広告を選ぶという流れですね。

 

 

つづいて広告を提携(利用できるようにする)していきましょう。

手順は1つだけで、利用したい広告が見つかったら「提携申請する」をクリックします。

 

ポイント

広告には「審査あり」と「審査なし」のものがあります。審査なしの広告はすぐに利用できるのですが、審査ありの広告は許可が下りるまで時間がかかるのでご注意ください。

またブログはじめたばかりの方は審査に落ちるケースも普通にあるので、いろいろと広告申請をしてみるといいですよ。

 

 

つづいてはアフェリエイト広告の基本的な貼り方(テキスト広告、バナー広告)について解説していきます。

②アフェリエイト広告の基本的な貼り方

まずは提携された広告一覧を開いていきます。

トップページから「①プロモーション検索」⇒「②提携中プロモーション」の順にクリックしていきましょう。

 

提携中の広告一覧が表示されますので、貼りたい広告を選び「広告リンク取得」をクリックします。

 

すると下記のようにバナー広告とテキスト広告を選ぶ画面が開きますね。

ここで利用する広告タイプを選択することができます。

 

たとえばバナー広告を利用したい場合は、広告種別「バナー」をクリックして、ソースのコードをコピーしてサイトに貼り付けます。

 

反対にテキスト広告を利用したい場合は、広告種別「テキスト」をクリックして、ソースのコードをコピーしてサイトに貼り付けます。

 

またテキストリンクの場合は、ソースの貼り付けが終わったタイミングでテキストを好きな文言に変更してください。

貼り付けたコードの「自由テキスト」を好きなテキストに変更する

 

もしもアフェリエイト広告の基本的な貼り方はこんな感じ。

ソースコードをどこに貼り付ければいいか分からない方は、下記を参考にしてください。

 

ソースコードの貼り付け場所

・ブロックエディター使用者:直接貼り付けではなく「カスタムHTML」というブロックを利用して貼り付ける。

・クラシックエディター使用者:投稿画面「右上のテキスト」を選択し、コードを貼り付ける。

 

 

つづいてはもしもアフェリエイトを使った物販広告(Amazon・楽天)の貼り方について解説していきますね。

 

その前に、、、Amazonとの提携を済ませよう!

物販広告を使うにはAmazon広告との提携申請を済ませおきましょう。楽天はサイト追加時に提携されているはずなので、AmazonだけでOK

※提携申請の手順はここまでの解説通り進めてみてください。

 

Amazon広告と提携するには審査があります。申請許可の最低条件として記事数が10記事は必要となるので、その点はご注意ください。

 

かいり
もし記事数が10記事ないよという方は、もどかしいかもですが10記事を目標にとりあえず記事を書いていきましょう。

 

 

下記では「Amazonも楽天も広告提携が済んだ!」という方向けに、物販広告の貼り方を解説していきますね。

③もしもアフェリエイトを使った物販広告の貼り方【Amazon・楽天の商品広告を貼ろう】

まずはじめに物販広告の貼り方には、次の2つの方法があります。

広告の貼り方2つ

  1. プラグイン「Rinker」を使って広告リンクを作る
  2. もしもアフェリエイトのかんたんリンクを利用する

 

かんたんリンクは楽天とAmazonしか広告を作成できないのですが、Rinkerというプラグインを使えばYahooショッピングなどのリンクもつけることが出来たりします

 

①のRinkerを使って広告リンクを作る方法は、こちら「現在執筆中。。。数日以内に公開する予定です!」で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

 

 

Amazonと楽天だけの商品広告でもOKという方は、ここから解説する「②かんたんリンクの利用方法」を参考にしてください。

 

まずはトップページを開き、「楽天市場・Amazon.co.jpかんたんリンク」をクリックします。

 

つづいてかんたんリンク画面へと移動するので、検索窓に「商品名また商品URL」を入力していきましょう。

 

次に商品(一覧)が表示されるので、該当商品をクリックします。

 

下にスクロールしていくと、下記の画面が表示されますね。

ここでは広告の画像表示サイズを好みに合わせつつ、最後にHTMLソースをコピーしましょう。

 

あとはこのHTMLソースをブログに貼り付けれるだけでOK!

貼り付け終われば、こんな感じの広告が記事に挿入されていると思います。

 

 

以上、広告の貼り方についての解説はここまでとなります。

まとめ:【無料】もしもアフェリエイトの登録方法|5記事書けたら登録しよう

まとめ:【無料】もしもアフェリエイトの登録方法|5記事書けたら登録しよう

今回はもしもアフェリエイトの登録方法や基本的な使い方について解説してきました。

 

ここまでの解説のとおり、物販広告を始めたい方にとってもしもアフェリエイトはかなり使えるASPとなっています。

ですので、ぜひ積極的に活用してみてくださいね。

 

最後に、物販広告をメインの収入源としたい方にとっては商品ジャンルによる利率もかなり大事になってきます。

たとえば、楽天では「車用品の利率は2%」であり「美容やコスメの利率は4%」となっています。

 

つまり同じ値段の物をサイトを通して売っても、紹介料としてもらえる額が倍も変わってくるということですね。

 

Amazonと楽天の利率に関するリンクは下記に記載しておくので、あらかじめ確認するといいかもです。

 

以上、最後までご覧いただきありがとうございます。

 

こちらもCHECK

【超厳選】アフェリエイトASPおすすめ5選|これだけは使うべし
【超厳選】アフェリエイトASPおすすめ5選|これだけは使うべし

続きを見る

 

-ブログ運営

© 2021 Kairi Blog Powered by AFFINGER5