ブログ運営

「Rinker(リンカー)」物販必須プラグインの導入方法と設定方法【ブログツール】

「Rinker(リンカー)」物販必須プラグインの導入方法と設定方法【ブログ初心者向け】
悩んでいる人
ブログツールの物販プラグイン「Rinker(リンカー)」の導入方法と使い方について、ブログ初心者の僕でも分かるように教えてほしい!

 

今回はこんなお悩みを解決します。

 

結論、本記事を読めば「Rinker(リンカー)」を導入して、下記のような商品リンクを簡単に作成・一括管理できるようになりますよ。

 

本記事の内容

  1. 「Rinker(リンカー)」の導入にあたって必要なもの【下準備】
  2. 「Rinker(リンカー)」プラグインの導入方法
  3. 「Rinker(リンカー)」プラグインの設定方法
  4. 「Rinker(リンカー)」プラグインを使った商品リンク作成方法

 

それではまずはじめに、「Rinker(リンカー)」の導入にあたって必要なものについて解説していきますね。

「Rinker(リンカー)」を導入する前に【まず2つのASPに登録をしておこう】

「Rinker(リンカー)」を導入するには、事前に次のASP2つに登録を済ませておく必要があります。

 

①:もしもアフェリエイト

Amazon・楽天の広告と提携するためのASP。

それぞれ別の提携方法もありますが、今はもしもアフェリエイト経由が一番おすすめです。

②:バリューコマース

Yahoo!ショッピングの広告と提携するためのASP。

Yahooショッピングはバリューコマースでの提携が、一番料率(報酬)が高くなります。

 

この2つのASPは事前登録が必須となるので、それぞれ下記から登録を進めておきましょう。(どちらも無料です)

 

※もしもアフェリエイトについてはAmazonへの申請も必要となるので、詳しくはこちらの記事「【無料】もしもアフェリエイトの登録方法」も参考にどうぞ。

※バリューコマースは登録だけ完了していればOKです!

 

 

補足ですが、もしもアフェリエイト経由でAmazon・楽天の広告提携をおすすめする理由についても簡単に解説しておきます。

補足:もしもアフェリエイトをおすすめする理由3つ

  1. わりと簡単に広告を提携できること
  2. 現状、もしもアフェリエイト経由の提携でも報酬料率は変わらないこと
  3. ブログ初心者の場合Amazonアソシエイト(独自)の利用が、「Rinker」のエラー原因となる可能性が高いため

(関連:「楽天アフェリエイトの料率ランクの終了」「AmazonのPA-API制度の変更」)

これらの理由から、今はもしもアフェリエイト経由でAmazon・楽天への広告提携を済ませていくのがおすすめですね。

 

かいり
とりあえずは上記2つの登録が済んだらOKです!

 

 

つづいては「Rinker 」の導入方法について解説していきますね。

「Rinker(リンカー)」プラグインの導入方法

「Rinker (リンカー)」を導入する手順は、次の2つです。

 

Rinkerの導入手順2つ

  1. 公式サイトからプラグインデータをダウンロードする
  2. wordpressにプラグインデータをアップロードする

 

それぞれ詳しく解説していきますね。

ステップ①:「Rinker(リンカー)」の公式サイトから、プラグインデータをダウンロードしよう

「Rinker」はwordpressのプラグイン検索ではヒットしないので、公式サイトからダウンロードする必要があります。

 

まずは下記の「Rinker」公式サイトにアクセスしていきましょう。

 

≫Rinker公式サイトへはこちらから

 

上記リンクへアクセスすると下記のページが開くと思います。

まずは「無料ダウンロード」をクリックしましょう。

 

つづいては、ログイン画面が開くので「Pixiv IDを作ってログイン」をクリックします。

「Rinker(リンカー)」をダウンロードには、Pixiv IDを作ってログインしていく必要があります。

 

PixivIDを作成するにはPixiv用の「メールアドレス&パスワード」を入力して、「次へ」をクリックしていきます。

※「Apple」「Twitter」「Google」「Facebook」を利用してPixivIDを作成するのもOK!

 

ログインが完了すれば、改めて下記の画面が開きます。「無料ダウンロード」をクリックしてみましょう。

 

ログインが完了した後であれば、下記の「Zipファイル」がダウンロードされていると思います。

 

 

かいり
「Rinker」のプラグインデータのダウンロードはこれで完了です!

次はwordpressにアップロードしていきましょう。

 

ステップ②:wordpresにプラグインデータをアップロードする

つづいてはwordpresにプラグインデータをアップロードしていきます。

 

まずはwordpresの管理画面を開き、下記の順にプラグインの追加画面を開きましょう。

 

  1. プラグインをクリック
  2. 新規追加をクリック

 

 

次に「プラグインのアップロード」をクリックします。

 

 

つづいて下記のアップロード画面が開くので、

  1. 「ダウンロードしたZipファイル」をアップロード
  2. 「今すぐインストール」をクリック

の順でプラグインデータをアップロードしていきましょう。

 

最後に「アップロードしたファイルからプラグインをインストールしています」と表示されるので、インストールが完了すれば「プラグインを有効化」をクリックしましょう。

 

かいり
これでプラグインのインストールは完了ですね。

次は「Rinker」の設定を行っていきましょう!

 

「Rinker(リンカー)」プラグインの設定方法

ここからは「Rinker」の初期設定として「登録済みASPとRinkerの連携」を行っていきます。

 

この設定が終われば「Rinker」を使ってアフェリエイトリンクを記事に設置できるようになりますよ。

 

それではまずはじめに、下記の手順で「Rinker(リンカー)」の設定画面を開いていきます。

 

Rinker設定画面の開き方

  1. wordpres管理画面の左側にある「設定」をクリック。
  2. 「Rinker設定」をクリック。

 

設定画面が開けたら、次はASPとRinkerを連携していきます。

 

 

かいり
まずはもしもアフェリエイト(Amazon・楽天)をRinkerに設定いきましょう!

 

ステップ①:もしもアフェリエイト(Amazon・楽天リンク)の連携

ここからは下記のRinker設定画面にある「もしもアフェリエイト設定」にAmazon・楽天のIDを入力していきます。

 

まずはもしもアフェリエイトを開き、「①プロモーション検索」⇒「②提携中プロモーション」の順にクリックしていきましょう。

 

つづいてAmazonの「広告リンク取得」をクリックします。

 

下記の広告ソースが表示されるので、下記画像を参考に「Amazon ID(数字)」をコピーしていきましょう。

 

コピーができたら、Rinker設定内の「もしもアフェリエイト設定【Amazon ID】」にペーストしましょう。

 

これでAmazonとの連携は完了。

 

つづいて楽天も同様の流れで、楽天IDをコピペしてしていきます。

 

ここまででRinker設定内の「AmazonID・楽天ID」の入力が完了していればOKですね。

 

 

最後にYahooショッピング以外の「もしもリンク優先ショップ」にチェックをいれておきましょう。

 

ステップ②:バリューコマース(Yahooショッピングリンク)の連携

ここからは「もしもアフェリエイト設定」にバリューコマース(Yahooショッピング)のLinkSwitchを入力していきます。

 

まずはバリューコマースを開いていきましょう。

 

≫バリューコマースを開くにはこちら

 

バリューコマースを開けたら、「①ツール」⇒「②LinkSwich」⇒「③LinkSwich設定」の順にクリックしていきます。

 

下記の画面が開けたら、「コードを選択」をクリックし、コードをコピーしましょう。

 

つづいてwordpressのRinker設定内にある、Yahooショッピング(バリューコマース)設定のLinkSwichの空欄にコードを貼り付けましょう。

 

これでバリューコマース(Yahooショッピング)との連携もOKですね。

 

最後に:設定内容を忘れずに保存しておきましょう

最後に設定内容を忘れずに保存していきましょう。

 

Rinkerの設定画面を下スクロールしていくと「変更を保存」というボタンがあるので、そこをクリックします。

 

ちなみに「商品リンクのクリックをトラッキング」というチェック欄があるかと思いますが、ここもチェックを入れておくといいです。

 

ここにチェックをいれておけば、商品リンクのクリックについてトラッキング(データ分析)できるようになります。

トラッキングデータは、Googleアナリティクスの「行動」⇒「イベント」で確認可能

 

「閲覧できません」と表示される場合

これは「ConohaWing」のセキュリティ対策(WAF)により起こるエラーです。

解決方法としてはまず、ConohaWingの管理画面を開き「①サイト管理」⇒「②サイトセキュリティ」⇒「③WAF」の順にクリックしてください。

次にWAFの利用設定を「OFF」にし、その状態でRinkerの設定保存をクリックしてみてください。

これで解決されると思うので、保存ができたらまたWAFの利用設定を「ON」に戻しておきましょう。

 

かいり
ここまででRinkerの設定については完了です。

次は実際にRinkerで商品リンクを作成する方法について解説していきますね。

 

 

「Rinker(リンカー)」プラグインを使った商品リンク作成方法

商品リンクを作成する方法としては、次の2つがあります。

  1. 「wordpressの管理画面」で先に商品リンクを作成する方法
  2. 「投稿画面」で直接商品リンクを作成する方法

 

それぞれ解説していきますね。

方法①:「wordpressの管理画面」で先に商品リンクを作成する

 

まずはwordpressの管理画面を開き、「①商品リンク」⇒「②新規追加」⇒「商品情報を取得」の順にクリックしていきましょう。

 

つづいて開いた画面を下に「楽天市場から商品検索」をクリックし、商品の検索を行っていきましょう。

お目当ての商品が見つかったら「商品リンクを追加」をクリック。

 

リクエスト回数が多すぎますと出る場合


こちらを参考に、楽天アプリIDの登録をすることでエラーを出にくくすることができます▽
ちなみに僕もこれで全くエラーが出なくなりました。


 

つづけて商品リンクを追加したら、画面を下にスクロールし「Amazon・楽天・YahooショッピングのURL」が問題ないかを確認しておきましょう。

 

URLに問題がなければ、「公開」をクリックします。

 

すると、商品リンクの一覧に下記のような新規リンクが追加されますよね。

 

かいり
あとはそのショートコードを記事にコピペするだけで、商品リンクを貼ることができるようになります。

 

つづいては投稿画面で商品リンクを作成する方法について解説していきますね。

(記事を書いているときにかなり便利に使えます。)

方法②:「投稿画面」で商品リンクを作成する

まずはwordpressの投稿画面を開いて、「商品リンク追加」をクリックします。

 

下記の追加画面が開くので、先ほど同様商品リンクを検索してみてください。

そして、お目当てのものが見つかれば「商品リンクを追加」をクリック。

投稿画面から商品リンクを追加する場合、設定はこれで終わりです。

 

現状、下記のショートコードが投稿画面に表示されていますよね。

 

 

これをプレビューで見てみると、下記のような商品リンクが表示されていることがわかります。

 

投稿画面からの商品リンク作成はこれで完了です。

 

ちなみに、投稿画面の商品リンク追加から「登録済み商品リンクから検索」をクリックすると、これまでに作成した商品リンクが表示されます。

 

ここで「商品リンクを追加」をクリックすれば、これまでに作成してきた商品リンクを使うこともできますよ。

 

 

かいり
これで物販販売に必要な商品リンクを設置することができるようになりましたね。

 

 

まとめ:「Rinker(リンカー)」物販必須プラグインの導入方法と設定方法【ブログ初心者向け】

以上、本記事の解説はここまでとなります。

 

ブロ初心者にとって、身の回りものを紹介する記事は比較的書きやすいと思います。

 

そんな記事にRinkerを使って商品リンクをつけることができれば、収益化につながりつつも継続してブログを頑張れますよね。

 

ですのでぜひ積極的に使ってみてください!

 

 

他のおすすめブログツールについては、こちらの記事をどうぞ。

こちらもCHECK

ブログ運営に役立つ神ツールおすすめ13選【時短可能|無料有り】
ブログ運営に役立つ神ツールおすすめ13選【時短可能|無料有り】

続きを見る

 

 

-ブログ運営

© 2021 Kairi Blog Powered by AFFINGER5