検索意図の調べ方と考え方|ニーズの分析方法も具体的に解説【必見】

検索意図の調べ方と考え方|ニーズの分析方法も具体的に解説【必見】
悩んでいる人
読者の検索意図が分からない!どうすれば読者の悩みに沿って記事が書けるようになるの?

 

今回はこんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  1. 検索意図の調べ方
  2. 読者のニーズは大きく2種類ある【考え方】
  3. 読者の悩みを解決する記事とは?

 

本記事を読めば検索意図の調べ方が分かるだけでなく、読者のニーズに120%答えられる記事が書けるようになりますよ。

 

こちらもCHECK

ブログは質と量どちらも『必要』【重要なのは価値をつくることです】

続きを見る

 

 

それではそれぞれ詳しく解説していきますね。

検索意図の調べ方と考え方|ニーズの分析方法も具体的に解説【必見】

検索意図の調べ方と考え方|ニーズの分析方法も具体的に解説【必見】

まずは検索意図の調べ方について解説していきますね。

 

検索意図の基本的な調べ方

結論、検索意図は「検索キーワードに対する上位表示10記事を読むこと」で調べられます。

 

上位表示10記事から検索意図が調べられるメカニズムは下記の通りです。

 

検索意図がわかるメカニズム

  1. 検索者:検索キーワードを打ち込む
  2. Google:検索キーワードから逆算して悩みを解決できる記事を表示する

⇒解決できる記事を読めば、そもそも「読者は何を検索したいのか」という検索意図が見えてくる

 

たとえば「東京 ラーメン おすすめ」というキーワードに対する検索意図を調べたい場合、まずはGoogleで検索してみます。

すると下記のようなトップ10の記事が表示されました。

 

この一つ一つの記事にさっと目を通していくと、解説内容は以下の2通りでした。

  • おすすめ順にラーメン店を羅列して紹介する記事(おすすめ30選)
  • エリア別にラーメン店を紹介する記事(〇〇エリアのおすすめ3店舗、〇〇エリアのおすすめ3店舗など)

 

ですので「東京 ラーメン おすすめ」の検索意図は、東京全域でのおすすめ店舗を知りたいということになります。

これが検索意図の調べ方です。

 

ここまでは検索意図のざっくりした調べ方と検索意図が分かるメカニズムについて解説してきました。

 

つづいては検索意図を正確につかむためのポイントを2つ解説します。

【検索意図の調べ方】実際に検索意図を調べるときのポイント2つ

実際に検索意図を調べるときのポイントは次の2つです。

ポイント3つ

  1. 検索にはシークレットモードを使う。
  2. 上位記事を読むときは「目次まえがき、h2タイトル」だけ読もう

詳細は下記をご覧ください。

 

検索にはシークレットモードを使う。

検索意図を調べる(キーワードを入力してみる)際には、シークレットモードという機能を使いましょう

 

通常、検索結果は利用者に最適化されたものとなっており、誰でも同じ順位で表示されるものではありません。

 

つまりは普通に検索した場合Googleが検索者にとって最適な記事をえらんで提供しているので、正確な検索結果が見れないということです。

 

そこでシークレットモードという検索者の情報が関与されないモードを使い、正確な検索結果を調べる必要があります。

 

シークレットモードの使い方

  1. Chromeを開き、右上の「Google Cromeの設定(縦に3つのドット)をクリック
  2. 「シークレット ウィンドウを開く」を選択

 

検索意図はこのシークレットウィンドウで表示された検索結果から調べるようにしましょう!

 

上位記事を読むときは検索意図の大枠をつかむだけでOK。

1つ1つの記事をじっくり読むのは時間がもったいないので、検索意図の大枠をつかめるようにざっくりとだけ読みましょう。

 

記事で見るべきポイントは下記の2つだけ。

  1. 目次やまえおき
  2. h2タイトル

 

ここには解説内容がまとめられているので、検索意図も読み取りやすくなります。

 

検索意図の調べ方については以上となります。

つづいては、読者の悩みを120%解決するための更なるコツを解説していきます。

【検索意図の考え方】読者のニーズを更に分析しよう

【検索意図の考え方】読者のニーズを更に分析しよう

 

【検索意図の考え方】読者のニーズには2種類ある|顕在ニーズと潜在ニーズ

読者のニーズには、大きく次の2種類があります。

ニーズ2種類

  1. 顕在ニーズ:読者が今知りたい情報のこと
  2. 潜在ニーズ:本当のニーズ、顕在ニーズよりさらに深層にある知りたい情報のこと

 

それぞれの違いを、本記事を例として考えてみましょう。

 

顕在ニーズとは?

「検索意図の調べ方を知りたい」という今あなたが考えているニーズです。

解決策は、先ほど紹介した「検索意図の調べ方」がそうですね。

 

潜在ニーズとは?

「読者の悩みを解決できる記事を書きたい」という本当のニーズであり、顕在ニーズよりさらに深層にあるニーズです。

解決策は、現在解説している「読者のニーズをさらに分析する」がそうですね。

 

このようにまず読者には「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」という2種類のニーズが存在します。

読者の悩みを120%解決するにはこのどちらのニーズも解説することがポイントです。

 

顕在ニーズの調べ方は前半の解説で理解いただいたと思うので、次は潜在ニーズを考えていきましょう。

 

潜在ニーズの考え方は簡単です。

「顕在ニーズを調べる理由はなぜ?」という疑問への答えが「潜在ニーズ」となります

 

例)

「検索意図を間違わないように調べ方を知りたい」

なぜ?

⇒読者の悩みを解決する記事を書きたいから(=潜在ニーズ

 

つづいては、顕在ニーズと潜在ニーズの解決策を記事に入れるための手順を解説します。

読者の悩みを120%解決する記事を書く手順4つ

読者の悩みを120%解決する記事は、次の4つの手順で書いていきます。

手順4つ

  1. 検索意図の調べ方を参考に、顕在ニーズを調べる
  2. 顕在ニーズから潜在ニーズを考える(なぜ顕在ニーズを知りたいの?⇒潜在ニーズ)
  3. 記事の前半に顕在ニーズの解決策を提示する
  4. 記事の後半に潜在ニーズの解決策を提示する

 

読者の悩みを120%解決するにはこの流れで記事を執筆していくといいですよ。

 

解説については以上となります。

まとめ:検索意図の調べ方と考え方|ニーズの分析方法も具体的に解説【必見】

まとめ:検索意図の調べ方と考え方|ニーズの分析方法も具体的に解説【必見】

今回の解説ポイントまとめはこちらです。

【検索意図】検索キーワードに対する上位表示10記事を参考に調べよう

【検索意図】シークレットモードを使おう

【検索意図】記事を読むときは「目次やまえがき、h2タイトル」に注目しよう

【潜在ニーズ】潜在ニーズを考えて読者の悩みを120%解決しよう

【潜在ニーズ】潜在ニーズは顕在ニーズを調べる理由から推測しよう

 

ざっくりとこんな感じですね。

 

これによって1記事の文字数が少なくとも2000~3000文字くらいにはなってしまうのかなと思います。

少し大変ではありますが、記事の質がグッとあがるので試してみてください。

 

 

 

 

© 2021 Kairi Blog Powered by AFFINGER5